エコカーについて

エコカーってなに?

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近テレビCMや広告などでよく目にするようになった「エコカー」。エコカーはこれからの時代に大きく飛躍するであろう注目アイテムのひとつです。その正体はどんなものなのか、しっかりと理解しておきましょう!

二酸化炭素と温室効果ガスの排出をセーブ


エコカーとは「エコロジーカー」の略称です。エコカーにも複数のタイプが存在します。低燃費で走ることができて環境に優しいエコカーや、ガソリンを使用せずに電気のみを燃料として走行できるエコカーもあります。いずれにせよ、エコカーの魅力は二酸化炭素の排出量を減らすと同時に、温室効果ガスの排出を抑えることができるという点です。

エコカーは温室効果ガスの排出量によって、二つに分類されることもあります。まったく温室効果ガスを排出しない「無公害車」と、温室効果ガスを従来の車と比較すれば大幅に削減できているものの、多少は排出する「低公害車」が存在します。

スポンサーリンク


ちなみに、現在エコカーで最も知名度が高いのは、トヨタから発売されている「プリウス」です。プリウスは見た目もスタイリッシュで、男女問わずに人気を獲得しています。

「ハイブリッドカー」や「電気自動車」がメジャー


エコカーには、LPガス自動車や天然ガス自動車など複数のタイプが存在します。中でもメジャーなのが「ハイブリッドカー」です。ハイブリッドカーという言葉は、おそらくほとんど人が一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

ハイブリッドカーは種類の異なる複数の動力源とエネルギー源を持ち、さらに「シリーズ方式」や「パラレル方式」などに分類されます。どのハイブリッドカーにしても、従来の車と比較すると二酸化炭素の排出量が少なくなっています。

そして「電気自動車」もメジャーなエコカーの一種です。電気自動車は電動機を動力源として走行するエコカーで、ハイブリッドカー同様に二酸化炭素の排出量が少なくいエコな車です。

今のところは「大衆向け商品」とは言い難い状態ですが、大電力を蓄電できる電池の開発や価格のリーズナブル化など、一般に浸透させるべく様々な試行錯誤が繰りかえされており、今後の発展が大いに楽しみなエコカーです。

お財布に優しい「エコカー減税制度」


エコカーは環境に優しいことに加え、もうひとつ大きな魅力があります。それが「エコカー減税制度」です。通常自動車を新たに購入した場合は、購入価格の5%・軽自動車の場合は3%が「自動車取得税」として課税されるというシステムになっています。

これに対し、エコカーを購入した場合は2.7%を上限として、課税額が軽減されるという優遇制度があります。最近は購入車両が新車の場合は、課税額の軽減率がさらにアップしたり、中古車を購入した場合には減税の期間が延長されるなどの、追加優遇制度も発令されています。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加