エコ掃除について

エコ掃除とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
みなさんが普段何気なく行っているお掃除も、ちょっとした工夫次第で地球環境に優しい「エコ掃除」に変化させることができます。エコ掃除は環境に優しいだけでなく、掃除用具や洗剤などの購入費用をおさえることもできるので、お財布にも優しい方法です。さらに、スタンダードな方法ではなかなか落ちない頑固な汚れも、エコ掃除の意外な裏技であっという間に解決できてしまうこともあります。これからますます注目の高まりそうなエコ掃除、ぜひみなさんもトライしてみましょう。

エコ掃除にはいらなくなった古新聞が大活躍!


エコ掃除を行う際に大変便利なアイテムが「古新聞」です。捨ててしまうだけの古新聞も、ちょっとした工夫次第で優秀なお掃除アイテムに変身します。新聞紙は一般的な紙と違って、表面にコーティング加工が施されていません。そのため、吸湿・防臭性に優れているという特徴があります。

スポンサーリンク


また、新聞紙に刷られたインクには油分が含まれており、この油分と水が交わると、界面活性剤の役割を果たして汚れをスムーズに落とすことができるという利点もあります。

新聞のオススメの使い方は?


古新聞のオススメの使い方をいくつか紹介します。まずは、生ゴミを新聞紙に包んで捨ててみましょう。古新聞には匂いを吸収する働きがあるので、生ゴミの臭いを軽減してくれます。さら新聞紙が生ゴミの水分を吸収してくれるので、ゴミ袋に入れてからうっかり水分が漏れてしまうこともありません。また、汚れた食器やお鍋などを水で洗う前に、新聞紙でさっとひとふきしてから洗うのも良い方法です。汚れた食器などをそのまま洗ってしまうと、汚水が海や川を汚染してしまう可能性があります。ある程度汚れが落ちていると、洗物に使用する水の量も削減することできます。

エコ素材「重曹」や「クエン酸」にも注目


最近はお掃除に使えるリーズナブルなエコ素材「重曹」や「クエン酸」も注目を集めています。重曹はガスコンロのホーロー部品の掃除や、生ゴミの消臭剤としても活躍してくれる便利なアイテムです。しつこいガスコンロの油汚れは、くしゃくしゃにまるめたサランラップに重曹をつけてこすればOK。浴室扉の通気口にたまった水垢には、クエン酸を使ったお掃除が効果的です。靴の臭いが気になる玄関の掃除に使うのもオススメ。重曹もクエン酸もいろいろなところで販売されており、最近は100円ショップでも気軽に購入できるようになりましたので、ぜひお掃除に取り入れてみてください。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加