エコ洗剤について

エコ洗剤ってなに?

このエントリーをはてなブックマークに追加
私達が普段洗濯をするときに何気なく使用している洗剤ですが、実はこの洗剤も地球環境にダメージを与えている存在だということをご存知ですか?大昔の日本では、洗濯をする際には植物の実や皮など、天然成分を原料としたの石けんを使用していました。しかし経済成長がスタートした頃から、洗濯機の普及と共に「合成洗剤」の人気が急激にアップするようになりました。合成洗剤は今までの石けんよりもはるかに洗浄力が高く、洗濯に要する時間も短くできるという画期的なアイテムでした。現在では洗う物の種類に応じてさざまなタイプの洗剤が販売されており、今や私たちの生活になくてはならないものとなっています。

スポンサーリンク


合成洗剤が川や湖に流れ込んで水質汚染の原因に


しかし、この大変便利な合成洗剤にもデメリットがあります。それは、環境に対するダメージが大きいということです。洗濯後の排水には、合成洗剤が消えずに残留しています。家庭や工場から排水された洗濯水が川や湖に流れ込み、そこに生息している魚に悪影響を与えてしまう可能性があるのです。合成洗剤には「界面活性剤」と呼ばれる成分が含まれており、この成分が特に分解されにくく、たくさんの泡が水中に残ってしまうのです。また、洗剤には泡立ちを良くするために「リン酸塩」という成分が含まれています。リン酸塩は水中に生息するプランクトンの格好のえさとなり、プランクトンが大量発生してしまう原因となります。これが水中生態系に異常をきたす「赤潮」と呼ばれる水害の一種です。

天然素材洗剤やオーガニック洗剤が人気


このような問題を回避するために、現在各メーカーから地球環境に配慮した「エコ洗剤」が発売されるようになりました。これまでよりも分解されやすい界面活性剤を利用したり、リン酸塩以外の成分で泡立ちをアップさせている製品もあります。パーム油など環境に優しい天然素材のみを利用した洗剤や、オーガニック洗剤等も人気です。合成洗剤ではなく、地球に優しい石けんで洗濯をするのもオススメです。廃油をリサイクルして作った石けんや、天然の米ぬかを使った石けんなど、バライティーに富んでいます。洗剤売り場には多種多様の商品が並んでいますので、購入前に一度成分表示を確認してみましょう。もちろん、どんな種類の洗剤でも、使用量を控えることが一番のエコです。洗剤はたくさん使うほど汚れが落ちるというわけではなく、それぞれ最適な量というものが決まっています。使用量をきちんと守って、洗剤の使いすぎには注意しましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加