エコ暖房について

エコ暖房ってなに?

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは毎年冬になると、どんな暖房機器を使用していますか?おそらく多くの人が「エアコンがメイン」だと回答することでしょう。普段から何気なく使用しているエアコンですが、実は使用する電気量は決して少なくはありません。

毎年夏の暑い盛りや真冬になると、いつもより電気代が上がっていてびっくり!などという経験はありませんか?電気代が上がっているということは、それだけ消費電力が増えているということなのです。

家全体の断熱処置でエアコン使用量を削減


地球環境をいたわるためにも、これからは「エコ暖房」にチャレンジしてみませんか?エコ暖房にはさまざまな方法があります。まず最近注目が高まっているのが「家全体の断熱処置」です。

家の中の熱は40%以上が窓から流出していると言われています。せっかく室内を暖めても、窓が無防備な状態では、温かい空気がどんどん外に流れてしまいます。それを防ぐために窓を二重構造にしたり、断熱ガラスにチェンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク


最初の設置工事には少し費用がかかりますが、長い目で電気料金を比較すれば、最終的に節約できる可能性もあります。工務店などで販売されている断熱シートを自分で貼り付けるだけでも、ある程度の効果は期待できます。また、足元の冷えを防止するために、床下に断熱材を貼り付けるという工事もあります。

地球環境に配慮した「省エネエアコン」も続々登場


最近は地球環境に配慮した「省エネエアコン」も続々登場しています。エアコンの機種によって、一定のエネルギーをどれだけのパワーに変えることができるのかが異なります。いわば、車の燃費のようなものです。

少ないエネルギーでより大きなパワーを発揮してくれるのが省エネエアコンなのです。エアコンには必ず「統一ラベル」が貼り付けられており、そのエアコンの省エネ度合いを★の数で表しています。★の数が多いほど、省エネ基準達成率が高いエアコンだということになります。

手軽に実現できるエコ暖房も


多額の費用をかけずに、もっと手軽に実現できるエコ暖房もあります。例えば、電気を使用しなくても温まれる湯たんぽやカイロを着用して寒さを和らげる方法もあります。こたつを使用してエアコンを切ったり、一枚上着を多く着て、そのぶんエアコンの設定温度を下げることも立派なエコ暖房です。

就寝時には毛布を一枚多く使用して、エアコンを切って眠ってもよいですね。エアコンの使用を控えれば、空気の乾燥を防ぐことができるので健康面でもgoodです。小さなことからでもよいので、これからの冬はエコ暖房で快適に生活しましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加