エコ住宅について

エコ住宅ってなに?

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本人のエコに対する関心は年々増加傾向にあります。その影響を受け、住宅産業の中でも「エコ」は大変重要なキーワードとなっております。地球環境に配慮した「エコ住宅」や「省エネ住宅」は、もはやこれからの住宅業界では常識になると言っても過言ではないでしょう。「エコ住宅」や「省エネ住宅」は地球の環境を守るだけではなく、使用するエネルギーをカットすることで光熱費を節約できたり、場合によっては様々な優遇を受けることができたりと、消費者にとっても魅力が満載です。

「エコキュート」や「スマートハウス」など新技術が続々登場


最近は実に様々なエコな住宅設備が存在しています。現在特に話題となっているのが、高気密・高断熱素材を使用することで冷暖房費の節約を実現できる「ホルムアルデヒドフリー」の塗料などです。

スポンサーリンク


ガラスを二重構造にして寒さを緩和したり、床に断熱材を入れたり、住宅の温度調整のための試作はもはや常識となっているようです。ガスの使用を削減できる「エコキュート」「エコウィル」などの給湯器も人気を集めています。家全体の使用エネルギーを制御できる「スマートハウス」なども、今後さらに発展を遂げそうなジャンルして注目が高まっています。

ますます人気が高まる「太陽光発電パネル付き住宅」


現在エコ住宅の中でも最も人気を集めているのが「太陽光発電パネル付き住宅」です。太陽光発電パネルは、地球に負担の少ない天然エネルギーを生成できることが大きな魅力です。しかし、太陽光発電パネルの魅力はそれだけではありません。近年は東日本大震災の影響もあり、停電時に備えて電力を貯めておくことができる「蓄電機能」にも注目が集まるようになっています。また、太陽光発電によって生成した電力を買い取ってくれる余剰電力の買取制度もスタートし、経済面でも大きなメリットを与えてくれる存在となっています。以前は「費用が高い…」という理由で導入をあきらめる人も多かったのですが、最近は各メーカーが低価格化に向けて動き出していたり、2009年からは日本で補助金制度がスタートしたこともあり、さらにブームとなっています。

人間の心身にも優しいエコ住宅


環境に配慮した無害無毒の塗装剤や天然の木材などを使用している住宅も「エコ住宅」に値します。屋上に緑を植える「屋上緑化ハウス」も立派なエコ住宅です。こういった優しい材料で作られた家や緑にあふれた家は、人間の心身にも良いというメリットもありますので、これからますますニーズが高まりそうでね。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加