エコラッピングについて

エコラッピングってなに?

このエントリーをはてなブックマークに追加

デパートなどでプレゼント用の商品を購入すると、華やかなラッピングサービスを受けることができます。このラッピングが「派手であればあるほど良い!」という高級志向は、今となっては“ひと昔前の話”です。現在は、できるだけシンプルなラッピングを行うことで地球環境をいたわる「エコラッピング」が新たなブームとなっているのです。

地球の資源を大切にする「簡易包装」


エコラッピングには色々なスタイルが存在します。まずは、派手で大げさなラッピングを避けて、あえて簡素なラッピングしか行わない「簡易包装」と呼ばれる方法です。

例えば、商品を透明のビニールに入れて、それを包装紙で包んで、さらにオシャレな紙袋に入れて、大きなリボンをつける…。こんな派手なラッピングをしていては、大量の資源を使ってしまいます。

簡易包装の場合は、不要なリボンはつけない、紙袋はなしで自分のバッグに入れて持ち歩くなど、必要最低限のラッピングのみで済ませます。

スポンサーリンク


再利用アイテムを使ったラッピング


一般的にラッピングに使用した紙やリボンは一度開封したら捨ててしまいます。しかし、捨てずに何度も再利用できるアイテムを使ったラッピング方法もあります。例えば、日本の伝統的なアイテムである風呂敷などがメジャーです。

プレゼントする商品を風呂敷に包んで贈呈し、商品だけを相手に渡して風呂敷は送り主が持って帰ります。再生紙などのエコ素材を使用したラッピングも増えています。

自宅にある古新聞や不要な布などをうまく使って、自分自身でラッピングに挑戦する人も増えています。

真心や温もりが感じられ、ギフトの魅力もアップ


エコラッピングの魅力は、地球の資源を大切にすることだけではありません。プレゼントを受け取った人がエコラッピングを見て、贈り主の「環境を大切にする心」を感じることができるのです。

あなたの優しい気持ちが伝わると同時に、受け取った相手が改めてエコについて考える機会を与えることができるかもしれません。また、創意工夫したエコラッピングからは真心や温もりが感じられ、ギフトの魅力をいっそう高めてくれるはずです。

店舗によってはラッピングが有料のケースもあるので、そういったラッピングを行わずに自分の家にあるもので済ませることができれば、お財布にも優しいですよね。

クリスマスプレゼントや誕生日のギフト、お中元やお年賀など、これからは色々なシーンでエコラッピングにチャレンジしてみましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加