エコマークについて

エコマークってなに?

このエントリーをはてなブックマークに追加
みなさんは人の手が地球を包み込んでいるような、丸いブルーのマークを目にしたことがありませんか?「よく見かけるけれど、いまいちどんなことを意味しているのか分からない」という人も多いのではないでしょうか。このマークは「エコマーク」と呼ばれる物です。

地球環境への負荷が少なく、環境保全に役立つ商品のみに表示


エコマークとは、商品を生産してから廃棄するまで、地球環境への負荷が少なく、環境保全に役立つと認定された商品に表示されている環境ラベルの一種です。商品だけではなく、サービスなども対象となる場合があります。このマークがあるおかげで、私たち消費者は環境に優しい商品か否かを判別して、エコな消費活動を行うことができるのです。

スポンサーリンク


また、商品を製造する企業のエコへの意識を高めるという目的もあります。現在は「財団法人日本環境協会」がエコマークの商標権を保有しており、無断で使用・表示することはできないように法律で定められています。

エコマークのデザインの意味は?


エコマークのデザインは、人間の手が地球をやさしくつつみ込んでいる状態を描いています。このデザインには、「自分たちの手で地球を守っていこう」という思いが込められています。ちなみに、エコマークは全体的にアルファベットの「e」の形をしていますが、これは「環境(Environment)」と「地球」(Earth)」の頭文字を表しています。

エコマークを表示するためには審査が必要!


自分たちの製造した商品にエコマークを表示する場合は、商品カテゴリーの選定と認定基準書の制定が必要となります。まずは学識者や関係行政機関などの専門家チームから結成されるエコマークの「企画戦略委員会」において選定が行われます。その審議の結果エコな商品であると「認定」された場合、財団法人日本環境協会とエコマークの使用契約を締結するという流れになります。エコマークは食品、衣料品、家電など、日常生活に必要な様々な商品に表示されています。最近はエコマークが表示された住宅を建築する際の木材や、LED照明器具なども続々登場していますし、最新エコカーなども話題を集めています。これまで特に意識していなかったという人は、これからはちょっと注意をしてチェックしてみてはいかがでしょうか?もし環境問題に関心があるのであれば、同じようなスペックの商品から一つを選ぶ際には、せっかくならエコマークの表示があるほうを選んでみてくださいね!

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加