エコツーリズムについて

エコツーリズムってなに?

このエントリーをはてなブックマークに追加

「エコツーリズム」とは、「エコ=エコロジー」と「ツーリズム=旅、旅行、ツアー」を組み合わせた言葉で、貴重な自然環境や歴史文化などを保有するための取り組みの一つです。

具体的には、大切な自然環境や歴史文化などを観光客にしっかりと伝えることで、その価値や貴重さを理解してもらい、それによって国民全体でこの大切な存在を守っていこうという取り組みです。

これは環境や文化を守ることはもちろんですか、一連の取り組みを通して、観光地のオリジナリティがさらに高まったり、地域活性化にもつながることを目的としています。

エコツーリズムの3つの効果とは?


エコツーリズには大きく分けて3つの効果が期待できると言われています。まず一つめは、「環境保全」です。エコツーリズムを行うことで、観光客やその地元に住む地域住民の環境保全に対する意識の高まりを狙っています。

スポンサーリンク


そしてもう一つは、「観光振興」です。エコツーリズムという文化が普及することで、旅行産業会に新しいタイプのニーズが発生し、それによって観光産業を活性化させるという目的も含んでいます。

そして最後は「地域振興」です。美しい自然を有する地方都市は、過疎化や失業率の増加に苦しんでいるケースも少なくありません。エコツーリズムの普及によって観光地が活性化し、雇用の促進や経済効果、そして住民の地域に対する愛着の増加なども目的としています。

エコツーリズムの実現には団結力も必要


エコツーリズムを成功させるためには、旅行会社や観光客自身だけではなく、地元住民や地域の企業などを含めたトタール的な協力体制が必要となります。

このどこかひとつが非協力的では実現が難しいので、かなりの団結力も必要となるのです。現在はNPO法人である「日本エコツーリズム協会」なども設立され、エコツーリズム理念をより一層広く普及させるための様々な活動を実施しています。

何かしらの形で環境や地域に貢献することが必要条件


エコツーリズムに該当するには、環境への悪い影響を必要最低限に抑えていて、訪問先に経済的or社会的な貢献が認められればOKです。

そのほかにも「旅行前に旅行者に対して行動範囲や倫理規範の教育を行うこと」「絶滅に瀕した動植物の保護を支援すること」「特別に訓練された専門知識を保有した添乗員や現地ガイドによって引率されるツアー」などもエコツーリズムに該当します。

小さなことでも何かしらの形で環境や地域に貢献ができていれば、エコツーリズムとして認定される可能性があるようです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加