エコ窓について

エコ窓ってなに?

このエントリーをはてなブックマークに追加

エコな生活を実現させるために、意外と重要な存在となるのが家の窓です。窓は、住まいの中でも最も熱の移動が大きい場所です。例えば、夏に室内に入ってくる熱のうち約70%は窓から流入してきます。

そして冬には、約40%もの熱が窓から外に出ていってしまうのです。こうして外気の流入や流出が発生することで、室内が余計に暑くなったり冷えたりしてしまうのです。こうなると、当然のことながら冷暖房の使用が増えてしまいます。

地球環境にもお財布にも優しいエコ窓


エコ窓は、窓からの熱の移動を少なくすることで室温を保ち、冷暖房の使用量を削減することを目的とした窓です。地球環境にも優しく、光熱費を削減することでお財布も守ってくれる理想的な存在です。また、冷暖房の使用の削減は人間の体への負担も軽減してくれます。

スポンサーリンク


「二重構造窓」や「複層ガラス」がメジャー


エコ窓は各メーカーから続々と登場しています。メジャーなエコ窓の一種が、「二重構造窓」です。窓のガラス構造を二重にすることで二枚の窓の間に空気層を作ります。この空気層が断熱効果を発揮してくれるのです。

また、断熱効果を高めた「複層ガラス」など、ガラス自体がより高機能に設計されている場合もあります。二重構造の窓は遮音性にも優れているので、近所の騒音が気になる場合や、逆に自宅の音で近所に迷惑をかけたくないという人にもオススメの商品です。ガラスに金属膜などのコーティングを施すことによって、室内に入ろうとする太陽熱を大幅にカットできるタイプもあります。

二重構造のエコ窓は結露状態を緩和


二重構造のエコ窓は、断熱以外にも効果を発揮してくれます。1枚ガラス構造の窓の場合は、冬になると窓が結露でびしょびしょになってしまいます。結露は壁や床をぬらしてしまいますし、木製の窓枠を腐らせたり金属製の窓枠をさびさせてしまう懸念もあります。

また、湿気を好むカビやダニなど害虫の発生につながることもあるのです。しかし、二重構造窓の場合は外壁との温度差に耐えることができるため、結露状態を緩和することが出来ます。

税制優遇の対象になる場合も


現在のスタンダードな窓をエコ窓にリフォームする場合は、必ずしも莫大なお金がかかるわけではありません。最近は、1時間ほどの工事で終了し、費用も数万円で住むサービスも増えているようです。窓のリフォームは、条件を満たしていれば税制優遇の対象になる場合もあります。まずは気軽に見積もりを立ててみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加